みんなのベトナム語とハノイ観光をしよう

10年間でハノイはどう変化したのか?街並みや旅のスタイル給料事情を紹介

ごとうのアイコン画像ごとう
こんにちは!ハノイ在住のごとう(@Goto_in_Hanoi)です。

今回はこの10年間でハノイはどう変わったのか、というテーマで記事を書いていきたいと思います。

私が初めてベトナムに来たのは、2009年です。
そこから数回ベトナム旅行に来た後に、今はハノイに住んでいます。
私が初めて来た時と比べて、ハノイの街は大きく変わりました。

当記事では、

・ハノイの街並み
・ベトナム人の生活、給与事情
・旅のスタイルの変化

この3つの点から、この10年間の変化を解説していきたいと思います。

目次

・ハノイの街並み

画像

この10年間でハノイの街並みは大きく変わりました。

ビジネス街のカウザイ(Cầu Giấy)区やベットタウンであるナムトゥリエム(Nam Từ Liêm)区では高層ビルや高層マンションが立ち並び、また現在進行形でも建設が進んでいます。

ハノイにある高層ビルの、

 

・京南ハノイランドマークタワー(2011年完成、高さ336m)
・ロッテセンター・ハノイ(2014年完成、高さ267m)
・ディスカバリー・コンプレックスA(2018年、高さ195m)

 

これらもここ数年内に建てられたビルです。

 

画像

※ロッテセンター・ハノイの屋上から撮った写真

 

私が10年前に来た時はだいぶ見通しが良かったのですが、今ではすっかり高い建物が景色を邪魔をするようになりました。経済の成長と共に街並みも変わってきたのですね。

ただ、中にはほとんど変わっていない場所もあります。

それは”旧市街”があるホアンキエム(Hoàn Kiếm)区です。ここは私が初めて来た10年前から大きな変化はありません。

変わっていないのには理由があり、

「外観保全の為、新しい建物は建てないように国から指示が出ている」

からです。

旧市街はハノイの一大観光地ですから、国としてもイメージを守り続ける為に街並みを変えたくないのでしょう。

ビジネス街や居住区に行くと近代化が進んでいる事を実感できますが、旧市街周辺では昔と変わらない建物や屋台を今でも見る事ができます。

・ベトナム人の生活、給与事情

画像

ここ10年間で、ベトナム人の生活も大きく変わりました。

やはり、大きな変化はスマートフォンを持つ人が増えた事でしょう。ベトナムでは若者からおじさん、おばさんまでほとんどの人が持っています。

スマートフォンは、タクシーの配車や買い物、銀行振込・決済や各公的手続き等、日本以上に浸透しており生活に欠かせない物になっています。

また、ベトナム人の平均月収に関しては、約3倍近く増加しています。2007年頃には100ドルくらいだったのが、2017年には282ドルにまで上がっています。

参考:https://www.viet-jo.com/news/economy/180307125330.html

しかし、平均給与が上がったからと言っても、全員が豊かになったわけではないと感じます。

私の肌感覚ですが、

『稼ぐ人と稼げない人の差が広くなった』

ように思えます。

食料品や日用品の価格はさほど変わっていません。10年前も今もコーラは1万ドン(50円)以下で買う事ができます。この束の野菜とパン二つを買っても1万1千ドン(55円)です。

画像

※パンと空心菜の束と、飼い猫

10年前と同じように店を出して同じ物を商売している人は、さほど収入は変わっていないはずです。

一方、IT企業や技能実習生の送り出し機関等、時代の流れによって需要が生まれた会社の給与水準は高いです。

これも感覚値ですが、正社員は500ドル〜が相場ではないでしょうか。

このように、時代の流れに乗った会社によって押し上げられた平均月収だと感じます。

今後も差はどんどん広がっていくに違いありません。

・旅の仕方の変化

画像

この10年間で旅の仕方もかなり変わりました。
ここでもスマートフォンが大きな影響を与えていますね。

以前Tweetしましたが、

 

10年前はスマートフォンが発売されてすぐで、ネットリテラシーの低い人達には、

 

・Wifi
・Simカード

って、”なにそれ!?” 状態でした。

ごとうのアイコン画像ごとう
私もその中の一人でしたので、ご心配なく・・・

役に立つ旅行サイトは少なく、Google mapのような地図アプリも今ほど普及していませんでした。というか、私は10年前Google mapという名前を知っていたかどうかも怪しいです。

ですので、旅をする時はガイドブック片手に街を歩いたものです。

それはそれで良さもありましたが、目的地にすんなりたどり着けなかったり、情報が古く閉店していたなんて事もあったので、無駄な時間も多く経験しました。

今では、ブログやTwitterを見れば新鮮な情報が出ていますし、なんなら直接詳しい人に聞くことも容易にできますからね。便利な時代になりました。

また、移動手段にも大きな変化がありました。
Grab等の配車アプリが発達していない頃は、ちょっとした移動はホテルで手配してもらった車や流しの(バイク)タクシーに限られていました。

街を歩いているとそこら中から

『タクシー、タクシー』

と声をかけられたものです。

ごとうの体験談

ハノイはまだマシでしたが、10年前のホーチミンでは5m歩くたびにバイクタクシーに声をかけられていました。

「用ないから、どっかいけ!!」

と言っても50mくらいついてくるのはザラで、たまに腕を掴まれる事もあったり。街を歩く時には結構ストレスでした。
でも、去年久しぶりにホーチミンに行った時にはびっくりしました。圧倒的に声をかけられる事が減りましたね。だいぶお上品になったなぁと感心しました。笑

今は、交通機関の充実と配車アプリの普及もあり、私達旅行者はお得に効率的に旅ができるようになりました。
配車や情報収集などに、スマートフォンは有効に活用すべきだと思います。

データ付きのSimカードは空港で20万〜25万ドン(1,000円〜1,250円)、街では10万〜15万ドン(500円〜750円)くらいで買えます。もし盗難が不安なら買い替え前の機種を使うなどして、対応してみてください。

 

最後に

以上、ハノイの街並み、ベトナム人の生活・給与事情、旅の仕方、3つの点から、10年間の変化を解説してきました。

今ベトナムは毎年5%以上の経済成長をしており、今後もしばらく続いていく事が予想されています。

ぜひハノイに来て、その成長の勢いを感じてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる